電気代やガス代を抑えて簡単節約!生活費を抑えるために
電気代やガス代を抑えて簡単節約!生活費を抑えるために

簡単かつ徹底的に!電気代を抑えるいくつかのテクニック

電気代を更に節約する応用技!

電気代を節約する方法には、他にも簡単にできる方法があるので紹介します。少しの工夫をしっかりと続けていくことで、生活費にゆとりを持てるようになっていくはずです。電化製品の使い方について見ていきましょう。

電化製品の節約方法

冷蔵庫の電気代を節約する方法はありますか?
エアコンに次いで電気を大きく消費するのが、冷蔵庫です。冷蔵庫を買ってから1度も温度調節をしたことがないという人は少なくないでしょう。設定を「強」から「弱」に変えるだけで、およそ20パーセントの省エネ効果があります。また、冷蔵庫は壁や天井に近付け過ぎないことも大事です。側面は2センチ以上、背面は10センチ以上、天井は10センチ以上間を空けましょう。これだけでも、およそ20パーセント電気代節約になります。
エアコンの電気代を節約する方法はありますか?
室温とエアコンの設定温度がほぼ同じにすることが、電気代節約のカギです。温度差があまりなければコンプレッサーが稼働しないため、その分の電気代も抑えられます。また、室外機の周りにものが置かれていると、熱の放射が上手くできず、運転効率が下がります。その分電力の消費も多くなるので、しっかりと改善しましょう。
掃除機の電気代を節約する方法はありますか?
定期的に掃除機を使っている家庭がほとんどかと思います。掃除機を使う前に、ホウキとチリ取りで大きなゴミを取り除いておけば、掃除機の設定を「弱」にしても綺麗にゴミを吸い取れます。また、掃除機のフィルターがいっぱいになったら直ぐに取り替えるようにしましょう。吸い取る力が弱くなると、掃除機の使用時間も長くなるからです。

生活費を安くするためには、このような努力が必要になります。洗濯や調理のときもこうした点に気を付けて、家事を行なうようにしましょう。

家電以外の電気代を節約する方法がある

電気代の高くなる時間帯は、できるだけ外で過ごすこともコツの1つです。契約している電気のプラン毎に「安い時間帯」と「高い時間帯」があります。夏の13時~16時の間は、特に電気代が高く設定されています。図書館を利用したり、電気を使わずに涼しく過ごせる方法を実践したりして確実に節約していきましょう。

電気代が高くなる冬場の対策

暖房は冷房に比べて電気代が高くなるため、次のような方法で節約しなくてはいけません。

外出する15分前に電源を切る
冬場に凍結の心配がない地域であれば、外出15分前に暖房の電源を切るようにしましょう。物件にもよりますが、温まった部屋は直ぐには冷えません。20度設定で1日1時間短縮するだけで、エアコンだと年間およそ1000円節約が可能というデータが出ています。
室外機にも注目する
室外機の周りにものを置いてはいけないと前述しましたが、「雪」も同様に気を付けなければいけません。室外機の周りに雪が積もったり室外機に雪が吸い込まれたりすることで、運転効率が落ちます。市販の防雪フードや防雪ネットを用いて、対策を行ないましょう。
身体を温める料理を食べる
節約レシピとして有名なのが鍋です。余った食材を美味しく簡単に調理できる他、電気代の節約にもなります。あったかい鍋を食べると体が温まるので、エアコンの温度調節もしやすくなるでしょう。冬場だと鍋用の食材が安く売られているので、そうした食材を使うことで食費もかなり抑えられます。食事の量を減らさずに生活費を節約できるため、育ち盛りの子どものいる家庭ではとても良い方法でしょう。

冷暖房の使用で電気代が上がりがちな夏場や冬場は、このような工夫で生活費を抑えましょう。毎日続けることで、大きな節約になります。

生活費に余裕ができたら取り入れたい節約術

IHコンロ

電気代を節約してある程度余裕ができたら、オール電化の導入を検討してみてください。オール電化を導入している物件も増えています。他の節約方法と併せて利用すると良いでしょう。

オール電化とは

オール電化とは何ですか?
調理や空調、照明、給湯、電気などの使用を全て電力でまかなうのが、「オール電化」のしくみです。オール電化住宅も増えているので、引越しを考えている人は導入済みの物件を探してみると良いでしょう。
全て電気にすることでどのようなメリットがありますか?
まず、ガス代が掛かりませんし、火を使わないため火災の心配もありません。そのため、火災保険の見直しを行なう際は、オール電化の導入を併せて検討すると良いでしょう。電力自由化で電力会社を自由に選べるようになった今、使用料金の安い電力会社を選べばオール電化の良さを更に引き出せます。
全て電気を使用するなら電気代が高くなりませんか?
オール電化向けプランというものがあります。オール電化住宅に設置されているエコキュートや電気温水器、蓄熱式暖房機などは電気代が安くなる深夜電力を使用します。そして、オール電化向けプランでは、それ以外で使用する電力も全て安くなるため、とても効率良く電気代を節約できるのです。このお得なプランとオール電化システムを活用すれば、生活費に掛かってくる電気代を合理的に抑えられます。

電化製品や電気プランの利用の仕方次第で、今までよりも電気代を節約することができます。将来のことを考えて導入を検討すると良いです。また、できることから無理なく、しっかりと節約を続けていきましょう。火災保険やスマホなどのプラン見直しも、定期的に行なうことが大事です。

TOPボタン