電気代やガス代を抑えて簡単節約!生活費を抑えるために
電気代やガス代を抑えて簡単節約!生活費を抑えるために

電気代などの家計の節約を上手に行なうテクニック

毎月の生活費は簡単な方法で節約することが可能です

毎月の生活費を維持しながら、子どもの学費などを貯めるのは難しいと思う人が多いでしょう。しかし、実際には簡単に節約している主婦もたくさんいます。そのコツや方法を知って、計画的に節約を行なっていきましょう。

主婦たちに聞いてみた!簡単にできる節約する方法

野菜は残さずに使い切る! (30代後半/女性)

野菜の余りなどでおかずを作ったり、掃除の際に使用したりして節約しています。これなら無理なく簡単にできるので、密かな楽しみにもなっています。普通に暮らしていては、それなりに生活費が掛かってしまうと思うのです。できるところからはじめると、色々なアイディアが湧いてくるので良いですよ。以前よりも電気代や水道代についての意識も高まりました。

無料サンプルで化粧をすればタダになる (30代前半/女性)

元々肌が弱い方なので、旦那や子どもを送り出した後は、家事の前にスキンケアをしています。以前はドラッグストアやデパートで化粧品を購入していましたが、最近は節約のために無料サンプルを利用しています。インターネットサイトで取り寄せが可能なので、家事やバイトの合間にスマホで情報サイトをチェックしています。浮いた分のお金は、貯蓄したり生活費に回したりしてやりくりしていますよ。

食べ盛りの子どものために量を増やせるレシピを活用 (40代前半/女性)

節約レシピのレパートリーを日々増やしていっています。安い費用で、主人や子どもが飽きないように作れるので、生活費の節約には打って付けです。高校生の娘と息子はまだまだ食べ盛りなので、量を増やせるレシピはとても助かります。子どもの大学受験に向けて、主人と節約に励んでいますが、しっかりとご飯を食べても学費を溜められるので安心です。

セールの日にまとめ買いをすれば無駄な出費を抑えることができます (30代後半/女性)

我が家では無駄な衝動買いを防ぐために、買うときはまとめて買います。1度に払う金額が大きいので、不安に感じる人もいるでしょう。私も、この節約方法をはじめた頃はそうでした。しかし、チョコチョコ買い物をするよりも、かなり節約できることに気付いたときは驚きました。スーパーやデパートのセール日や期間をこまめにチェックして、決まった日に決まった金額内で必要な物を買っています。まとめ買いした食材を保存する方法も自分なりに編み出したので、不便に感じることはありません。生活費の節約ができて、買い物にいく労力も減らせて良いところ尽くしです。

生活費を抑えるために、自分なりの工夫をしている主婦は多いです。無理なく実施することが続けられるかの分かれ道になります。楽しく節約を行ない、少しずつ確実に生活費を抑えていきましょう。

毎月支払う費用の計算方法を調べて、自分で計算する

電気代やガス代、水道代などの毎月の費用を抑えるためにも、費用の計算方法を知っておく必要があります。また、光熱費や水道代が異様に高くなっているときは、単に使い過ぎが原因ではなく水道漏れなどが起こっている恐れがあります。日頃から出費額を確認する癖をつけることも大事です。

大まかな計算方法を記載しましたが、地域によっては料金が異なるため正確なデータを集めてから計算する必要があります。電気会社やガス会社、水道局からの明細や料金改定の案内をチェックしましょう。不明な点があれば、そのままにせずきちんと確認しましょう。

毎月のスマホ代を節約するためには

現在スマホを家族皆で持っているところは珍しくないでしょう。スマホでは色々なアプリが使えるので、節約レシピを見たり子どもの英語学習に活用したりしているかと思います。「格安スマホ」というものを選べば、節約しながらスマホを持つことが可能です。スマホは、電話番号を記録したICカードであるSIMカードを挿入することで通信ができるようになります。このSIMカードと契約プランで毎月の料金が主に決まってくるため、「格安SIM」と「安いスマホ端末」を使えば、毎月のスマホ代を節約できるのです。

節約をはじめる前に今までの生活を見直す

生活費を節約するためには、今までの生活を振り返って改善できるところを探す必要があります。普段の生活を見直すポイントを紹介します。将来のために学費や生活費を貯蓄したいという人や、必要なものを購入予定という人は早めに確認して、生活費の節約に取り組みましょう。

普段の生活を見直すポイント

必要なものと欲しいものを分ける
上手に買い物をするためには、まず「必要なもの」と「欲しいもの」を分けて、本当に買わなければいけないのか見極めることが必要です。現代は便利なものや安いもの、購買意欲をそそられる魅力的な商品が沢山あります。衝動買いを抑えるだけでも、簡単に節約できます。必要なものと欲しいものをそれぞれリストアップして、できるだけ自分のイメージに近い商品を買うようにしましょう。妥協せずにじっくりと選んで買うことで、飽きたり買い替えたりすることを防げます。
家族全員で「もったいない」を意識する
新聞紙や雑誌もお金を出して購入したものです。サイズが合わなくなった衣服や使わなくなった家財道具もそうです。普段から「もったいない」を意識すれば、ものを大切に扱うようになるでしょう。定期的にメンテナンスや掃除を行なうだけでも、使いやすさや美しさを維持できます。もの持ちが良くなれば、新しいものが本当に必要なとき、本当に欲しいときに簡単に購入できるようになります。ものだけでなく、子どもが進学するときや家族旅行の費用にあてることも簡単になるでしょう。
食費は見直すポイントが多い
ほとんどの主婦が、美味しいご飯を作るために食材選びに力を入れているでしょう。良い食材を選べば、余すところなく使い切ることができます。食材や調理方法次第で保存期間も変わってきます。食費や光熱費を抑えるためには、できるだけ外食を控えて作り置きや食材の調理方法を工夫すると良いです。ガス代や電気代があまり掛からない調理方法で夕食を多めに作り、余った分を翌日の朝食やお昼、お弁当に使うのは基本です。

家計簿を付ける癖を付けることが大切

家計簿

スマホの家計簿アプリを利用すれば、簡単に食費や生活費を計算できます。家計簿アプリ以外に、スマホのカメラでレシートを撮影すれば、簡単に記録を残せます。また、日記感覚で付けられる家計簿もあるので、そうしたものを選べば楽しく生活費の管理ができるでしょう。

保険の内容も見直すことで生活費や学費の足しにできる

加入している火災保険などの契約内容を変えることでも、生活費の節約は可能です。

火災保険についてどこを見直すことが重要ですか?
火災保険では火災や落雷、破裂や爆発、水害や風害、盗難やいたずらなどの補償をしています。事故はいつどこで起こるか分からないため、補償範囲が広ければその分安心ですが、あまり必要性がないと感じる補償もあるでしょう。例えば、セキュリティーのしっかりしている物件では、いたずらや盗難のリスクはあまりないでしょう。補償内容を見直して、解除できるものがあれば解除した方が節約できます。パッケージングされているプランであれば、補償範囲を自分で選択できるものに変更すると良いでしょう。
生命保険では何を見直したほうがいいですか?
生命保険で見直した方が良い点は、高額な死亡保障をシンプルな定期保険に変更すること、保障の付いた終身保険で積み立てるということです。生命保険の見直しは、健康な内に行ないましょう。
自動車保険の場合は何を見直したほうがいいですか?
引越したりライフスタイルが変化したりすると、通勤・通学方法も変わってくるでしょう。以前に比べてあまり車に乗らなくなったという場合は、自動車保険を見直しが必要です。このときに見るのが、「車の使用目的」と「年間走行距離」です。使用目的が「日常・レジャー」の場合、保険料が安くなります。逆に通勤などの「業務」が最も割高になります。適切なプランに切り替えることで、生活費に掛かる負担も減らせます。

保険を見直すだけでも、大きく生活費を節約できます。火災保険や生命保険、自動車保険やスマホのプランなどは加入期間が長くなるほどお得に見えるので、見直しをしない人が多いでしょう。しかし、定期的にしっかりと契約内容を見直して、本当に必要なサービスなのかを見極めることが大切です。不要であれば、早めに変更もしくは解約を検討してみましょう。

保険に関する情報をチェック

下記では、保険に関する情報がより詳しく分かるサイトです。保険に関する基礎知識をつけた上で、生活費の見直しをはじめましょう。

TOPボタン